スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

おやすみホログラム/2

おやすみホログラム/2









「帰り路」
「underwater」
「11」

相変わらず生々しい。女性アイドルグループという形式でこんな曲をやってる!ってのは最早どうでもよくって、小川晃一氏の生み出すハイクオリティな気だるいローファイサウンドのエモーショナルがガツンと殴りかかってくる。しかし1stアルバムのフレッシュで底が知れない暴力性は、ある程度沈静化したように見受けられる。YouTubeのライブ動画でリリース前から新曲の大半を拝見してはいたが、1stのころの曲を聴いたトキとは違ってあまり歌メロやバックのサウンドにピンと来ず、こりゃスタジオ音源を聴きこむまではどれほど精巧なものかなかなか判断がつかなそうだな…と不安を覚えていた。私が好きなのは、初期衝動のまま突っ走る刹那の輝きを溢れさせたオルタナ・インディーロックなり、ブッチャーズやキウイロールといったような日本のハードコアバンドにも通じる叙情的なエモさが込み上げるロックサウンドを、儚げに、それでいて力強く歌いあげるところ。具体的な曲でいえば、1stの冒頭4曲とラスト「誰かの庭」。
そしてHave a nice day!のカバーといったごった煮な異物感、これがアルバムの面白みとして重要だった。他の曲も含めて、1stは飽きずにいつまでも味が出続ける完璧なバランスであったと思う。
今作は楽曲のバリエーションの広さもあるし、スタンスはブレてない。危惧していた(全体的な割合として)エモーショナルな疾走感の喪失も、CDを通して聴いてみるとそれほど失われてはいなかった。「帰り路」はMVで見たトキからどストライクなエモさだったし、「11」でこういう身軽なポップスをサラッと歌いこなしたり、「ニューロマンサー」の必殺!ってオーラのある「かつての近未来をリバイバルした」ような空気とかどこを切ってもおやホロ節まみれです。他のアイドルにも出来なければ、他のバンドと比べてもこういうことやってるのは稀じゃないでしょうか。
曲順は逆の方が良かったんじゃとか前と比べて曲数少ないなーとかも思った。でも聴いてるうちに、どんどん曲や方針に抱いていたちょっとした不満が消えていき、おやホロに対する下手な理想がとてもいい意味でぶち壊されてゆくアルバムですね…。あと折角アイドルってんならもう少しアイドルに寄せた歌詞が1曲くらいあってもいいような気もするけど、まあ必要ないのかな。この勢いをキープし、ドリフター級の破壊力の曲にまた出会いたいです。あ、あとAmazonレビューにも書いてる人がいたけど、ブックレットが取り出しにくすぎる。紙ジャケのサイズ感どうなってんだ!ってのがまた地味に不満ポイント。笑
わど | 音源の感想 | 09:50 | comments(0) | - | - |

Tourist & Soundtracks『dots and lines』

Tourist & Soundtracks『dots and lines』



2014.8.8リリースのフリーダウンロード作品。色んなネットレーベルのコンピ収録曲が集まって、松任谷由実「水の影」とORIGINAL LOVE「接吻」のカバーなども入ったもの。sleepy.abのような、穏やかで耳障りのいい優しい歌モノ。純度が高くゆったりと和む。いい声すぎる。メロディが丁寧で美しい。こういうのはbandcampでは希少な存在なのでは。幅広い時代を照らすカントリーなギターポップで、詰め込み過ぎてない。飽きずに長く聴いていられそう。これぞグッドミュージックでしょう。


わど | 音源の感想 | 03:00 | comments(0) | - | - |

中森明菜/UNBALANCE+BALANCE

中森明菜/UNBALANCE+BALANCE

★★★


「NORMA JEAN」
「愛撫」
「YOU ARE EVERYTHING」

93年9月リリース15th。
1曲めの「永遠の扉」から4年ぶりのオリジナルフルアルバムながらも変わらないどころか寧ろストロングな発声になってる気がする中森明菜。過去にもよくあったようなバラード。玉置浩二冊、千住明編曲で千住明という人は劇場版テイルズオブヴェスペリアの音楽も担当した人らしい。
「愛撫」はとうとう90年代に突入したんだなと思わせる小室哲哉作曲!作詞は松本隆。これぞ小室サウンド。最近まで苦手な音だったけど、悪くないなって思えてきてたので楽しく聴けました。
なかなか中森明菜と相性イイですね。
「YOU ARE EVERYTHING」は男性MCのナヨナヨしたラップから幕開けの軽快なPOPソング。前の曲「黒薔薇」から引き続きOSNY MELO作曲。なんかノスタルジーなサウンドで、グッとくる良曲。しかし…ラップが微妙(笑)
「光のない万華鏡」教会で披露されるようなゴスペルっぽいアカペラの短い曲。関口誠人作曲。これ最初次の曲の一部かと思って、アルバム聴き終わったあと「8曲しかなかったな…アレ?」と勝手に混乱してしまいました。
「眠るより泣きたい夜に」BRO.KORN作曲の演奏も歌唱もクールな曲。なんかミツメとかOGRE YOU ASSHOLEを連想してしまいました。
「NORMA JEAN」は松本隆・小室哲哉コンビ2曲め。ドカドカと大地を踏みしめて歩いていくような決意を帯びたロックチューン。眩しい!もう完全にベテランシンガーの貫禄ですね。エモーショナルで好き。最近のバンドでいうとamazarashiな感じ。
そして「NOT CRAZY TO ME (LP Edit)」はNOKKO作詞。んで坂本龍一作曲!!声のオーラ半端ないな…。落ち着いたエレクトロ調の曲。
ラスト「陽炎」は昼ドラのテーマに使われてそうな切ない侘しさが漂う曲。流石しっかりした音作り。この曲は冒頭の「永遠の扉」と同じメロディで、編曲が鳥山雄二という「クリスマスキャロルの頃には」編曲とかアニメのストリートファイターII MOVIEや鋼鉄三国志の音楽に関わった人になっています。作詞は夏野芹子から中森明菜本人に。

全体的にキラキラして、歌声も迫力が凄い。この頃の中森明菜はどんな時代にも順応できそうな威圧感ですね。

わど | 音源の感想 | 05:30 | comments(0) | - | - |

中森明菜/CRUISE(AKINA NAKAMORI Collection 1982〜1991 Disc 11)

中森明菜/CRUISE(AKINA NAKAMORI Collection 1982〜1991 Disc 11)

★★★★


「Standing In Blue」
「風は空の彼方」
「さよならじゃ終わらない」

89年7月の14th。このCDそのものは手元に無いのですが、「AKINA NAKAMORI Collection 1982〜1991」のDisc 11からの感想になります。

職人的な音づくりを思わせる「URAGIRI」からはじまる。
「赤い不思議(ミステリー)」は作曲 小坂明子で妖艶な歌声とメロディの曲。
「さよならじゃ終わらない」は作詞松井五郎、作曲玉置浩二、編曲武部聡志と中森明菜を聴く前から馴染みのある名前の布陣。シンプルな中にここ数枚のアルバムの雰囲気もミックスされた良曲。
「LIAR」は詩的な歌詩と後半になるにつれ力強くなる曲展開が魅力の
シングルカット曲。
「乱火」は優しいギターのアコースティックな音色からはじまり、最初のサビでドラムが増えたりして広がりがある。
「Close Your Eyes」はウィスパー調のシンプルでクールなノリ。
「Standing In Blue」はジャジーなインストのようなイントロから違和感なくボーカルがゆったりと寄り添う曲。
夜景に合いそう。
「風は空の彼方」は底知れぬ儚さを全開にした曲。
「SINGER」囁きクイーンに君臨してます。よりウィスパーにこもった歌声で深みに引っ張りこんでいく。
「雨が降ってた・・・」はしんみりとした情緒たっぷりのバラード。

全体としてウィスパーな歌唱の切ない曲が多いですが、そう一括りにできない細やかな歌声の使い分けが素人耳にもわかるほどです。
楽曲の幅も前作までの数枚ほど偏りがなく、ちょうどいい濃度のバランスのいいアルバムでした。

〜以下Disc 11から「CRUISE」未収録楽曲〜

「BILITIS」は単純にカッコいいな。エモい。
「LIAR」c/wの「Blue On Pink」はカップリングながらも華やか。
シングル「Dear Friend」はかなり軽やかな明るく弾けるPOPS。普通に良い。
そのc/wの「CARIBBEAN」も良メロの癒し系POPソング。サビとそのあとの繋ぎの部分がかなり好き。
上記二曲は普段から好んで聴き漁るようなタイプの曲!
幻想的な「水に挿した花」のc/w「Angel Eyes」は90年代後半〜2000年代前半のJ-POPを感じる。
GARNET CROW、倉木麻衣といったビーイングの空気というか。
シングル「二人静 -「天河伝説殺人事件」より」は遂に松本隆が作詞。
c/w「忘れて・・・」は作詞が元C-C-Bのギターボーカル関口誠人。作詞は中森明菜。ここにきてピュア乙女な中森明菜。綺麗。
わど | 音源の感想 | 06:32 | comments(0) | - | - |

中森明菜/Femme Fatale

中森明菜/Femme Fatale

★★


「Heartbreak」
「Paradise Lost」
「Jive」

88年8月13枚目。
作曲者や演奏陣には海外のミュージシャンが中心となってバックアップしている作品。

2曲目「Heartbreak」のソウルでファンキーな感触からこの先の曲に少し期待してしまう。
「抱きしめていて」の歌い回しといい、前作アルバムの路線よりもこういうクールでリズミカルな曲のほうが好み。
アルバムタイトル曲「Femme Fatale」で哀愁滲むサウンドの良さも再確認。
「I Know 孤独のせい」「La Liberté」と無難な曲が続き、色んな音が鳴ってて楽しげなサウンドの「So Mad」、急に世紀末なラブソング「Paradise Lost」。
最後の「Jive」は安定の都志見作曲。スッキリした中森明菜らしい歌。

なんか曲のセンスが遡ってないかなんて思うほど新鮮味に欠ける…w
それほど「不思議」前後の数枚が印象的なのか、ただリリースされた時代に調和しており自分がリアルタイムで耳にしてきた「古いPOPS」のイメージと被るだけなのか。
バブルの匂いの曲が苦手なのもありますが、インパクトのある曲もなかったです。
海外のミュージシャンが作曲してるわりにはあまり「本場」っぽくないというのも。
2曲目「Heartbreak」のようなダンサンブルさを求めて抱いた期待も、この曲だけでしたw
しかしここまで数々の作品を発表してきた貫禄や安定感は伝わる、陽性なアルバム。
わど | 音源の感想 | 05:25 | comments(0) | - | - |

中森明菜/Stock

中森明菜/Stock

★★★


「FOGGY REALATION」
「処女伝説」
「I WANNA CHANCE」

88年3月リリース12枚目。

佐藤健(←噛むとふにゃんふにゃんしない方の)が作曲したアルバムの幕開けに相応しい勢いのある「FAREWELL」からスタート。軽快なドラムが心地いい。
「夢のふち」は飛鳥作詞、後藤次利作曲の時代を感じるサウンドのPOPS。
このアルバムの中ではイチバン「歌謡曲」って感じがする。
面影ラッキーホールを思い出した。(改名したけど)
「CRYSTAL HEAVEN」は都志見隆との相性の良さを伺わせるカラッとした曲。作詞は女優の浅野ゆう子。
4曲めの「まだ充分じゃない」もこれまでの曲同様にアグレッシブな勢いが保たれる。
ここまで情熱的でアッパーな曲が続くのは珍しいな。
「FIRE STARTER」も相変わらず熱のこもった曲だけどイントロから少し今までの雰囲気を変えるような壮大な感じ。
今更ながらwikiで作曲者のところを見たら裸のラリーズや夕暮れ楽団の久保田真琴のところに飛ばされたけど、同一の人なのでしょうか。
そうだったとしたら意外。
「NIGHTMARE 悪夢」は作曲が北島健二、編曲FENCE OF DEFENCEでロックロックしてる。間奏のギターソロが印象的。
「I WANNA CHANCE」は鈴木キサブロー作曲。H2Oの「想い出がいっぱい」などを作曲してた人らしい。この曲も再生された途端にノイジーなギターが聴こえるロック曲。ここまで作曲してる人は全員違うが、どれも同じ路線の曲が続く。
そして都志見作曲2曲めの「POISON LIPS」。他の曲よりはわりかし落ちついた曲。
「処女伝説」は原田真二作曲。曲の展開がわかりやすい盛り上がりがあってイイ。
「FOGGY REALATION」は佐藤準作曲編曲。おニャン子の「セーラー服を脱がさないで」作曲編曲や瀬能あづさ「もう泣かないで」編曲。ロックはロックでもこの人の作る曲は好みかも!少しギターやメロディの雰囲気でGood Dog Happy Menがよぎったw

統一感はあるが似たような曲が多いアルバム。こういうロック路線の中森明菜ばかりだと曲単位ではあまり印象に残らないですが、「FIRE STARTER」以降からは少し広がりがあった気がします。
わど | 音源の感想 | 03:17 | comments(0) | - | - |

中森明菜/Cross My Palm

中森明菜/Cross My Palm

★★★


「The Touch Of Heartache」
「He's Just In Love With The Beat」
「House Of Love」

87年8月の11枚目。ここにきてまさかの全英語詩。

2曲目「Political Moves」作曲のJulia DownesはThe Whoのメンバーに曲を提供したこともある人らしい。
洋楽の知識はほぼ皆無なので、参加者の外人については誰がどの位凄いか抽象的にすらわからないです。
表題曲「Cross My Pain」はどっしりと地に足ついたような雰囲気の曲。
どこか退廃的。
3曲目「Slave For Love」はベースが目立つ。こういうロックなアプローチの曲は安定。
次の「Easy Rider」はノリノリな曲調だけどそこまで古臭い印象はなく無難に聴ける。
「Modern Woman」は整った透明感のある、少し寂しさを含んだ曲。
「The Look That Kills」はカッコいいバンドサウンドで悪くないけど、男性ボーカルで聴いてみたかったりする。
「Soft Touch」は中森明菜の個性がちゃんと発揮されてる。ような。
「My Position」、地味だけど『ちょうど良い』曲。
「The Touch Of Heartache」これは単純に曲がイイ!
「House Of Love」は感情を絞り出すような歌声が耳に残る。哀愁の一曲。
「No More」はセクシーなラップ調のパートがある弾けるPOPS。
「He's Just In Love With The Beat」も曲がかなりイイ。歌い方も他のとは違ってアイドルっぽくこういうのもできるのか、って思った。ただもう少し曲が長くてもいいかな

洋楽的なものとしてはあまり新鮮味のない曲が多い印象ですが、色んな曲があって何より中森明菜の歌が英詩ってだけで意欲的なコンセプトですよね。

最初は数曲聴いて ああ、昔の洋楽ってこんな感じが流行ってそうだな。わりとサマにはなってるね、位の感想しか浮かばなかったですが、後半になるにつれ好印象になるアルバムでした。
わど | 音源の感想 | 04:39 | comments(0) | - | - |

中森明菜/CRIMSON

中森明菜/CRIMSON

★★★★


「約束」
「OH NO, OH YES!」
「JEALOUS CANDLE」

86年12月リリースの10枚目。
作曲は小林明子と竹内まりやが10曲のうち半分半分で担当しております。
竹内まりや作曲の曲は椎名和夫(元はちみつぱい、元ムーンライダーズ)が編曲。

1曲目の「MIND GAME」からカラッとした都会的なサウンドに、セクシーヴォイスがのっかる良質POPS。
ソウルなコーラスとの相性いいですね。
「約束」はイントロから期待が込み上げる。しみじみとした多幸感のある、案の定自分の好みにストライクな出来。
ただ切ないだけじゃなくて穏やかで温もりのある雰囲気で、メロディが兎に角絶品。
「ピンク・シャンパン」は同じ小林明子作の「MIND GAME」にわりと似てるけどこっちはもっと落ち着いた感じ。
「OH NO, OH YES!」は前作「不思議」の匂いがする。でも流れとして浮いてない。
「エキゾティカ」はウィスパー気味の歌唱が引き立つ抑えめながらキラキラしたサウンド。
「モザイクの城」は疾走感のある曲。
「JEALOUS CANDLE」はメロディや展開が面白い。
「赤のエナメル」はフュージョンっぽい部分の"ポヒ〜"って音が好き。
わりとベタな曲で、初期の歌唱だったらそんなに好きじゃなかったかもしれないけどこの歌い方ならイケる。
「ミック・ジャガーに微笑みを」は中森明菜の曲の中でも異端なもので、曲の出だしなどの要所要所で「ラジカセから聴こえる歌を本人が口ずさむ」といった演出的な録音がなされています。
更に幽霊?の声がきこえるというイワクツキなエピソードも出回ってるようです…
私はサッと聴いた感じそれらしき声は聞こえませんでしたがw

今作はもうなんか到達点、って感じがします。実験的だった「不思議」の要素を上手くシティポップに溶かして中森明菜の音楽的な存在感を確立させている快作。
わど | 音源の感想 | 04:39 | comments(0) | - | - |

中森明菜/Wonder

中森明菜/Wonder

★★★


「不思議」
「Teen-age blue」


88年6月リリースのミニアルバム。
アルバム「不思議」の約2年後の作品で、アルバム「不思議」収録曲の5曲のリメイク プラス 未発表曲「不思議」の全6曲。

どの曲もアルバム「不思議」とは違いボーカルを明瞭にしたミックスへと生まれ変わっている。
それでもまだあの独特な耳ざわりは残っている気が。

「Labyrinth」「燠火」は以前の方が圧倒的によかった。
それでも中森明菜の曲としては充分面白い。特に「Labyrinth」の音作り。
吉田美奈子作詞作曲「不思議」はピアノなどの音のバランスが美しい安らぎを感じる歌。
「マリオネット」はより勇敢な装いになりこれはこれでイケる。
「Teen-age blue」は本来のメロディの良さが前に出てきた。ポップソングとしてあるべき姿に。前のも好きだしこっちもイイ。

「不思議」は深い森に迷い込んだようなアルバムだったが、こちらは同じ森でもまだ見晴らしのいい場所のよう。
わど | 音源の感想 | 08:05 | comments(0) | - | - |

中森明菜/不思議

中森明菜/不思議

★★★★


「マリオネット」
「Teen-age blue」
「Labyrinth」

86年8月リリースの問題作9th。
ここまでリリースしてるとこんな作品も産まれるものですね。
次の英語詞アルバムといい実験的なアプローチが一気に爆発してます。
中森明菜のボーカルを埋もれるようなミックスが施されており、1曲めから「あれ?これがあの中森明菜の曲!?」と耳を疑うと、そのままラストまでその感覚がキープされます。
しかし、個人的には大変素晴らしいです!
シューゲイザーやサイケ、ダブを連想させるズブズブの曲の群れ。ドラッギーな音作りに飲まれてしまう。

なんか曲ごとの感想がとても難しい。
不思議の国の入り口「Back door night」からもう異次元。
これが一曲目な時点で日本で大ヒットアルバムにはならなそうだ。
「ニュー・ジェネレーション」で更に深い空間に沈む。
「Labyrinth」はトリップ感覚がスゴい。コーラスも絡んで散りばめられた音、音、音。
「マリオネット」は力強いガシガシした演奏に優雅な歌詞が舞う曲。
安岡孝章 作曲。
「幻惑されて」だんだん夢見心地になる。ボーカルは歌詞見なきゃ聴きとれないけど…
「ガラスの心」のバンドサウンドカッコいい。終わりのLa La La〜♪が儚くて綺麗。
「Teen-age blue」は出だしから おっ! ってなる。このアルバムの中ではポップな方かな。吉田美奈子 作詞作曲。
キーボードとトランペットの音色が絶妙。
「燠火」も吉田美奈子。
「Wait for me」はヴォコーダーの必要性をあまり感じられず、今までの中森明菜の曲を単にボーカル小さくした感じな印象。ただ今作の多くの作曲、編曲で関わってるEUROX作。
「Mushroom dance」は曲名からして怪しいが、内容もなんかうねうねしている。

なんだこりゃの一言。vaporwaveとか聴いてる人も聴いてみたらいいのでは。
わど | 音源の感想 | 06:19 | comments(0) | - | - |
1/2PAGES | >> |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS