<< 2017上半期音楽アレコレ | top | とうとうゲーム実況を紹介してしまった >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

夏、終わっちゃないや。そんな最中の、漫画やらアニメやら。

『戦勇。メインクエスト第二章』『キューティクル探偵因幡』といった、長年好きだった癒しのギャグ漫画がどんどん終わっていってしまった。そして『イエスタデイをうたって』もやっと読みきって、『月影ベイべ』『クズの本懐』と読んでた色んなパターンの恋愛モノも終わった。ただまだ相変わらず、恋愛モノとか、癒される仲良しコンビの漫画ばかり惹かれるモードが続いている。寧ろ、悪化している。完全に拗らせている。『君が死ぬ夏に』や、アニメやってる『恋と嘘』、アニメ化もする『恋は雨上がりのように』あたりも自分には絶賛はできない類いの漫画ではあるのになんでこんなに続きが楽しみなんだろうってくらい楽しんでいる。『ひとりぼっちの地球侵略』『3月のライオン』に至っては恋愛だけじゃない面も大きいけど、どこもかしこも素晴らしい。らんまやラブコン、ニセコイみたいなラブコメならまだしも…ガッツリとした恋愛モノって縁遠かった筈なんだけどな。そのテの漫画に飢えていると、ありがたいことに新しい出会いもなんとか見つかるワケで。

それがこの金田一蓮十郎『ゆうべはお楽しみでしたね』 。この作者は『ミリオンの○×△□』をサラッと読んだことがある。『ジャングルはいつもハレのちグゥ』で有名な作者さん。ドラクエのオンラインプレイでネカマってカミングアウトした人が、ネカマって意味を知らなかった故にギャルと同居することになった物語。中身がちゃんとドラクエに触れてるのが好印象。ドラクエ自体は興味なかったんだけどね。恋愛に発展するのかも微妙な、ハラハラな展開の無いゆるいノリで距離が縮まっていくのが和んだ。今月には4巻が出る!

あとは1巻をレンタルして面白かった『CICADA』も気になる。今よりずっと先の未来、漫画の所持が禁止された日本でのラブストーリー。なかなかハードな感じ。漫画がテーマの漫画オブ漫画!!

週刊少年マガジンの新連載でレンタル彼女がヒロインのやつも今のところ楽しめてる。『彼女、お借りします』ってやつ。『べるぜバブ』の作者の週刊少年ジャンプ連載中作品『腹ペコのマリー』も頑張ってほしいけど、ちょっと厳しそうだな…。

あとツィッター検索したら評判良さそうだった山下和美『ランド』と、今年は実写ドラマやら映画やらも公開された『お前はまだグンマを知らない』はだいぶ前に2巻まで揃えててほとんど読んでなかったのだけど、ちゃんと読んでみたらみるみるハマってしまい『ランド』に関してはこんなスゲえ漫画なのか!!と衝撃を受けた。古き日本の農民と貴族みたいな時代にちょっとファンタジーな要素が入ってるだけかと思いきや、まさかあんなことになるなんて。ぶっとばされた。
群馬…いや、‘グンマ’のギャグ漫画については、やっぱ井田ヒロトの漫画って好きだなあと改めて実感。特別好きになれるキャラは少ないけど、愛せるキャラが多い。最近のラブコメ要素も嬉しい。ここまで続いてるとネタのやりくり大変そうだな。

あらゐけいいち『CITY』2巻を読んで、『日常』と地続きであるどころか、あのキャラがこの漫画でも再登場するサプライズな展開に胸躍る。そして『第七女子会彷徨』の つばな先生の新連載作品『惑星クローゼット』も1巻が出た。ホラー雑誌みたいな漫画誌に連載されてるだけあって、なかなか不穏なムードが漂っててわりとヴァイオレンスな描写ある。七女の頃の世にも奇妙なSF感で読んでたらわりとショッキングよ。まあ七女にも近いエグみの描写はあったケドね。シリアスとほのぼのが隣り合わせのアッサリした空気は相変わらず。とにかく先が気になる。

そうそう、たぶん10月から『少女終末旅行』がまさかのアニメ化するな。世界観はシリアスだけど度を超えたほのぼのっぷりが楽しめる作品。制作会社とかスタッフを調べてても普段は敬遠するようなアニメに関連してるんだけど、公開された映像とか見るとなんだかんだ期待してしまう。今年のアニメといえば、『アリスと蔵六』は第1話しか見てないけどもう最高ですよ。特に蔵六の職業が明らかになる最後のほうのシーン!ザッツ見せ場。この漫画はアニメ見る前に原作を最新巻まで一気に読んだ。ツィッター検索したら案の定、富沢ひとしって名前をツィートしてる人も多かったな。作風や絵柄、ファンの好みとか、共通の雰囲気を感じる。実際比べると全然違うタイプかもしれないけど、掠ってるね。8月末、『アリスと蔵六』のDVDと同日にレンタル開始された『クレヨンしんちゃん外伝 シーズン2 おもちゃウォーズ』がコレでもか!ってくらいにしんちゃん愛に満ちた名作だった。劇場版に匹敵する濃厚なスケールでハイクオリティな評判はネットで目にしてたけど、ここまでの出来栄えだとは。今でもこういう作品出来上がるんですね。今だからこそ!って気合いも感じる。強いて言うなら、かすかべ防衛隊が中心で、野原一家の活躍は無い。そこが劇場版になり得ないところでもあるかも。 あと展開はめっちゃベタ。意外性はあまり無い。ココでこうきたらアツイよな…ってことが見事に汲み取られてる爽快感。


そういや、まどかマギカのほむらが主役のギャグ4コマが好きだった あfろ先生のキャンプがテーマかなんかの漫画もアニメ化するんだっけ。あと、漫画版にハマった舞台作品『アリスインデッドリースクール』もアニメになるらしい!それにしても、『ハイスコアガール』はアニメ化してほしかったな…。
わど | 漫画 | 20:30 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 20:30 | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS