<< 8月のポエム2018 | top |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ感想


半年ぶりの更新が、レンタルしたファミリー向けアニメ映画の感想なのです。
最近クレしん離れが起きている中、見たら少し熱が込み上げてきたので書いてしまった。ネタバレ怖い人は回れ右。


クレしん映画の多くは元ネタのパロディを楽しむという側面があるようだが、私はあまり映画やドラマを見てこなかったからそのような楽しみ方はできない。今回の場合は、ジャッキーチェンやブルースリーらへんの映画の“あるある”やオマージュが盛り込まれているのかな。ソレっぽさが面白いってのはあるけど、具体的にどのシーンがどうこうってのは分からないけど、クレしん映画(に限らずドラえもんなどもある)の感想をネットでいろいろ調べていくと、クレしんで○○(具体的な映画名やジャンル)をやっている!という褒め方をよく見る。別にそれは感想として煩わしいものではなく、わかりやすいし全然普通なんだけど…その元ネタやジャンルが好きな人「なら」特に楽しめるような作品、極端に言うと、そういった人を「中心に」楽しめる作品というと、期待もありながらも、内容によっては身構えてしまう。そういう感想が目について盛り上がっていると、見る前の先入観で「クレヨンしんちゃんで名作の踏襲をやったから」褒められているというのは、比較的にそれ以外は目立った魅力が無いのかな。と勝手にネガティブな意識を持つこともある。実際、自分で見るまでわからないのは当然として。特に近年の劇場版のしんちゃんはテンポが良くて安定した面白さをキープしている印象があり、自分が期待しているのは、ギャグだろうが展開だろうが、とにかく気合い入れて作り込まれた「クレヨンしんちゃんらしい」名作なんですよ。どこまで「クレヨンしんちゃんらしい」かも自分基準ですが、単純なところとして、劇場版では滅多に見かけなくなった懐かしのキャラの登場や、しんちゃん達のお決まりの台詞やお馴染みのノリ(お姉さんとの絡み、ヒロシの靴下etc.)を違和感なく面白く挿入されているところとかが今作には多くて良かったんだけど、特にグッときた場面は二箇所。ヒロシとみさえが騒動に巻き込まれて、ひまわりをタマ・ランのところに連れて行くシーンからの一連の流れ。クレヨンしんちゃんだなあ、ってコミカルさ。ネタとかギャグの面白さだけじゃなくて、クレヨンしんちゃんだ!!って嬉しさを感じる空気。もう一箇所は、ほぼその後のシーンだけどぷにぷに拳の9つ目の奥義。名前で察する人も多いかもしれないが、お馴染みのアレに、こんな素晴らしい繋げ方ないでしょ。ぷにぷに拳法を知り、やっと奥義として覚醒するのだな。

そして今回はカスカベ防衛隊がメインの映画で、特にマサオくんは準主役並みにスポットが当たっている。
裏切りオニギリという素晴らしく語呂のいい悪名がお馴染みになりつつある彼だけど、今作はマサオの色んな面を惜しみなく見せてくれる。もともとは弱気な泣き虫キャラだった筈だけど、オトナ帝国でさのバス運転での二面性もあり、いつしか調子よく媚びへつらう小悪党なところまでフィーチャーされていったような気がするけど、そういうマサオだけじゃなくて、珍しくハンサムなマサオもしっかり見れる。カンフーを習ってても相変わらず不憫なダメおにぎりが、ダメじゃないオニギリになる物語がちゃんと描かれている。

悪の親玉といきなりバトルが始まり、展開が早いかと思ったらそこから割と広がっていったのでボリュームはあるように感じました。テレビスペシャルに少し色つけたような、アッサリしすぎかなって思った作品もあるのですが、今回はなかなか濃密な劇場版だったと思います。ただ、オチの部分というか結末らへんがサラッとしてた気もする。ひまわりの活躍は無いのが残念だけど、しんちゃんが所謂しんちゃんらしいキャライメージの言動ではなく、兄として普通に心配するところがあるのが個人的にポイント高い。昔と比べて、しんちゃんの嵐を呼ぶ破天荒っぷりが無く個性が薄いって言われたりもするけど、ひまわりに対しては基本的に兄らしくありたいのが野原しんのすけだと思う。原作から、他の映画でも。劇場版しんちゃんの中でも、ヒロシみさえの存在感は薄いほう。名言的なことも言った記憶は無い。
ちょっと期待したけど、ななこお姉さんは流石に出なかったか。ななこお姉さんがラーメン食っちゃってたらどうなってたか面白そうだけど。みやぞんのような本人ゲストは、実際ファンに楽しまれているのだろうか。話題性はあるし恒例なのは親しみがあるんだけど…。演出とかによるかな。関根勤は声優らしく聞こえる演技をしていて、クレジット見るまでタレント枠なのか気がつかなかった。事前情報は得てたかもしれないけど、完全に忘れていたから驚いた。

背景とかにあまり迫力が無かったようなのは気のせいか。今までの劇場版はテレビ画面で見てても、もっと臨場感をかんじたような気がする。今までほど広大な設定のフィールドが無かっただけなのか。ブタのヒヅメだったかな?広大な地に取り残されるシーンや、ブリブリ王国の魔人らへんのシーンとかは、補正もあるだろうが、立体感や奥行きのある広大さを感じた。アクションシーンはやはり素晴らしい。ギャグテイストの作品ほどバトルがカッコよく映えるのかもしれない。たかがアニメーションだけど、目が離せない。まあそれほど攻防の駆け引きなバトルやってるワケじゃないんだけど。今回はしんちゃん達の個性的な戦いが見れることもほとんど無い。特に攻撃としては。

そして、オチのハナシ。 「みんな一緒に踊れば世界は平和だぞ」 使い古されてきたような短絡的な平和のメッセージを、平成が終わる今でもまだ「メッセージ」として発信する意味はあるのです。そんな単純じゃない。平等な物語のハッピーエンドは誰しも訪れない。でも、どれだけ幸せへの意識を広げるかで、確実に変わることはある。伝えようによっては胡散臭いくらいの落とし所なんだけど、エンターテイメントとしての美しさも色濃く鮮やかに伝わる。

ぷにぷに拳の伝説の真理。ぷにぷに拳の精霊からの最強のパワーで直接平和になるのではなく、自分の正義に呑み込まれてしまった人にぷにぷにの精神で救うことで真に平和になるということなんだろうな。悪の親玉も正義堕ちしたヒロインも、ちょっと正しくて大きく間違っている。かといってみんなを踊らせるのが正解かというと、完璧な解ではない。でも、イチバン正義に、正解に近しいことではあると思う。一方的に牙を向け押し付けるより、歩み寄ること、理解することが大事。ただ、この場合の悪もひとつのパーツで、トライアングルのバランスで成り立つようなことだと思う。コレは思想の良し悪しじゃなく、多様性という意味で逃れられない現実。現実に沢山いる踊りたくない人たちも、少しでもこの物語でいう“ぷにぷにな心”を持っていたら良いことあるよって感じです。差し障りなく言えばね。綺麗事だけじゃないニュアンスも読み取れるし、馬鹿正直に素直なメッセージの映画だった。

主題歌のももクロも、劇場版しんちゃんのエンドロールに合った曲を提供してる。このシリーズは他のミュージシャンも、毎回とてもちょうどいい曲を発表しているから、どんな人選でも結果オーライ。

次回作の『クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』が4月19日から公開となる。監督はB級グルメ、サボテン、シリリで監督だった橋本昌和。脚本はお馴染み、うえのきみこ。…ともう一人、おっぱいバレー著者の水野宗徳。そして野原しんのすけの声が小林由美子に代わってから初の劇場版…!発表された段階ではめっちゃ面白そうだし監督、脚本からして安定したクオリティは期待できる。ストーリー性よりも、おバカなノリがふんだんに盛り込まれてそうで期待してます。

相変わらず、我ながら読みにくい文章でぐちゃぐちゃですがこういう素人の感想にエモを感じられる人の腹ごしらえになれば感謝です。
わど | えとせとら | 00:32 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 00:32 | - | - | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS