<< 中森明菜/Cross My Palm | top | 中森明菜/Femme Fatale >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

中森明菜/Stock

中森明菜/Stock

★★★


「FOGGY REALATION」
「処女伝説」
「I WANNA CHANCE」

88年3月リリース12枚目。

佐藤健(←噛むとふにゃんふにゃんしない方の)が作曲したアルバムの幕開けに相応しい勢いのある「FAREWELL」からスタート。軽快なドラムが心地いい。
「夢のふち」は飛鳥作詞、後藤次利作曲の時代を感じるサウンドのPOPS。
このアルバムの中ではイチバン「歌謡曲」って感じがする。
面影ラッキーホールを思い出した。(改名したけど)
「CRYSTAL HEAVEN」は都志見隆との相性の良さを伺わせるカラッとした曲。作詞は女優の浅野ゆう子。
4曲めの「まだ充分じゃない」もこれまでの曲同様にアグレッシブな勢いが保たれる。
ここまで情熱的でアッパーな曲が続くのは珍しいな。
「FIRE STARTER」も相変わらず熱のこもった曲だけどイントロから少し今までの雰囲気を変えるような壮大な感じ。
今更ながらwikiで作曲者のところを見たら裸のラリーズや夕暮れ楽団の久保田真琴のところに飛ばされたけど、同一の人なのでしょうか。
そうだったとしたら意外。
「NIGHTMARE 悪夢」は作曲が北島健二、編曲FENCE OF DEFENCEでロックロックしてる。間奏のギターソロが印象的。
「I WANNA CHANCE」は鈴木キサブロー作曲。H2Oの「想い出がいっぱい」などを作曲してた人らしい。この曲も再生された途端にノイジーなギターが聴こえるロック曲。ここまで作曲してる人は全員違うが、どれも同じ路線の曲が続く。
そして都志見作曲2曲めの「POISON LIPS」。他の曲よりはわりかし落ちついた曲。
「処女伝説」は原田真二作曲。曲の展開がわかりやすい盛り上がりがあってイイ。
「FOGGY REALATION」は佐藤準作曲編曲。おニャン子の「セーラー服を脱がさないで」作曲編曲や瀬能あづさ「もう泣かないで」編曲。ロックはロックでもこの人の作る曲は好みかも!少しギターやメロディの雰囲気でGood Dog Happy Menがよぎったw

統一感はあるが似たような曲が多いアルバム。こういうロック路線の中森明菜ばかりだと曲単位ではあまり印象に残らないですが、「FIRE STARTER」以降からは少し広がりがあった気がします。
わど | 音源の感想 | 03:17 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 03:17 | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS