<< 2014上半期とか。だらだらと | top | weekly pick up Jul-2 2014 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

weekly pick up Jul-1 2014


野崎りこん『コンプレックスEP』



ニコニコ動画などで活動するネットラッパー、野崎りこんの2作目のフリーダウンロードEPが遂に投下されまして。それがなんともこの季節を共にするにあたって理想的な出来栄えでして。


いやはやなんとも素晴らしすぎて、絶賛しかできませんのよ!!
一聴して淡々とした語り口なのにどこかエモーショナルなフロウが、只管に独自の青春と現在を紡ぐショートストーリーを展開する様は圧巻。
客演の存在感も凄くて、「ほろろ」でのアーバン或るペコリの親しみやすい歌唱フロウと柔らかいリリックが耳に染み込みます。
クールダウンどころか高揚するナードさは、邦ロックバンドだとBURGER NUDSやSyrup16g、それでも世界が続くなら などのよう。


Whitest Boy Alive 「Burning」




ドイツのベルリン出身の3ピース。06年、09年にアルバムを出していて、ボーカルのアーランド・オイエはKings of Convenienceというアコースティックなデュオもやってるらしい。YouTubeで聴いて気になった、シンプルいずベストな曲。これほどサッパリとして、クセになる味わいの曲を量産するってなかなか無い。

ゆれる 「ヒューズヒュー」



ニューアルバムをリリースしたばかりの爆音ギターロックバンド。このリード曲、疾走感の鬼。ナンバガの鉄風を彷彿とさせる。

Doris Abrahams 「Dance The Night Away」



76年リリース、彼女の唯一のアルバムらしい。2014年現代に生きる音楽好きにこそ聴かれるべきなポップス。こりゃいいな〜。個人的に、80年代〜90年代は古臭く感じるのが多いけど、それ以前のほうが、新鮮な音作りのアルバムがよくある気が。

Logic 「All I Do」



2011年にフリーのミクステを公開した白人ラッパーLogic。普段洋ラップを聴かなくって、最近のはとりあえずマックミラーとケンドリックラマーあたりを抑えとけばいいのかなーぐらいだったんですが、こういうの聴くともっと色々掘りたいなと意欲が出てきました。

Arrested Development 「Tennessee




そして89年にアトランタで結成された
このヒップホップグループを聴いて、こういうソウルなやつも片っ端から聴いてみたくもなります。日本語ラップだとsmrytrpsのメンバーあたりが影響受けてそうな。

The Hit Parade 「You Didn't Love Me Then」



濁りの無い澄み切ったネオアコ/インディーポップは、いろいろ疲れてるときに聴き流すのに最適ですね。夏には一際キラキラします。歌詞も、トゲも毒っけもないハッピーなものなんだろうな…。この音でめちゃくちゃに荒んだ歌詞なのかもしれませんが。


7YEARS TO MIDNIGHT 『1.0EP Falling into Deep』



新生スクリーモ/シンフォニックメタルコアバンドの新作EPを試聴してみたら、かなり良かった。ボーカルのハイトーンの綺麗さも、バンドサウンドの盛り上げ方も絶妙に好みの雰囲気!
タワレコで試聴したのですが、他にも小林大吾、Architecture In Helsinki、Now,Now、Yellow Studsのアルバムも良かったです。

Architecture in Helsinki 「I Might Survive」



Now, Now 『Threads』



Yellow Studs 『ALARM』




Alaska Jam 『MELLA MELLA HERO!!』



なんですかこのファンキーでグルービーなバンドは!!しかもラップじゃないか。ギターはKEYTALKのメンバーどけど、全然音楽性に共通点ないですね。the cabsといい。なんかちょっと懐かしい感じ。そういやLoop Junktion、活動再開するみたいなツィートを見たような気がするけど、新作制作するのかな?


ヴァージンVS 「ロンリー・ローラー」



このあがた森魚、キレキレである。この人、ヴァージンVSだとこんな感じなのか…。今で言う、ポリシックスとキンブラを足したようなロックポップスというか。


スクイズメン 『エメラルドラム』



ちょっと待って?こんな素敵なバンドを何故もっと積極的に聴こうと思わなかったのか。98年結成のバンド。throwcurveみたいな空気。人懐こいささやかなポップサウンドはヤング(ex.乍東十四雄)にも通じるかな。


2014.4.5 3776 富士川楽座



こんなアイドルまでいるし。なんだこれ!!とんでもなさすぎるわ。曲は「序曲」。脱退が激しいようで、解散が危惧されますが…アルバムは出してほしいところ。


Bestfriends 「When The Lights」



さてそれでは、この曲を最後に今日はお別れです。さようならー
(?  ? ??')?
わど | weekly pick up | 14:25 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 14:25 | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS