<< weekly pick up Jul-2 2014 | top | RSR14かんそーぶん その壱 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

夏を越えてゆけ


北海道といえど、夏はどうしようもなく暑い。聴いてる音楽も気持ち涼やかにしてくれるものをチョイスしたくなるものだ。さて、今夏はどんな曲を聴いて乗り切ろうか。


野崎りこん『コンプレックスEP』



6月末にダウンロードして以来、なかなか飽きずに、かなり頻繁に聴いている。
イントロから開放的な「コンプレックス」を再生した途端に、体感温度をグルーヴとして巻き込み、曲の旨味成分として変換される。ここからはずっと、“暑さ”をこのEPの楽しみ方のいち要素へと消化できる。「flat」で、夏は加速する。夏という季節が駆け抜けてゆく。毎回のごとく、おちやめのverseが耳に、脳にへばりつく。「ほろろ」の壮大なアンセムっぷりには夏の夕暮れが相応しく、家路につく足取りを過剰にドラマティックにする。そして「夜」が、ものすごく「夜」だ。夜でしかない。いや、どの時間帯で聴いてもイイんだけど、夜のハマり具合が尋常じゃない。全然違う作風になると思うけど、OMSBとのアルバムがほんっっと楽しみだなー。


COMEBACK MY DAUGHTERS



「A Parade of Horses」にはちょっと前にハマっていたが、今は「Outta Here」。カントリーでのどかな風を感じる。でもこのバンド、どの季節にも馴染む万能さがあって頼もしい。妙なことに、もっと好きなバンドの曲よりも、聴いててなんか安心できる。


土井玄臣

歌声がまず涼やかで、エレクトロニカなりアコースティックなり、バックのサウンドも夏にもってこいなものばかり。
春からイチバン遠い季節に聴く『それでも春を待っている』が沁みる。
現在、name your priceでダウンロード可ですよ。

https://noble-label.bandcamp.com/album/still-waiting-for-spring


あとはWEEZER『Hurley』やBe Like Pablo、Tango In The Attic、ドイオレ、それせか、アートスクール、カーネーションとか聴いていくつもりですよ。門田匡陽も勿論重要!
久々に聴いたHOLIDAYS OF SEVENTEENも良くて、パワーポップが夏のキーワードかも、なんて。
タワレコ限定のヤングのシングル『サマータウンとアドベンチャー』も定期的に聴いております。
LLLLの初アルバム、『Paradice』も清涼剤として機能しまくり。
後期スーパーカー、エレクトロニカ、近年のインターネット音楽(特に なんちゃらwave なジャンル)とか聴いてる人にとっての憩いの場になれそうなアルバム。
わど | 音楽いろいろ | 14:25 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 14:25 | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS