<< weekly pick up Sep-3 2014 | top | weekly pick up Oct-1 2014 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

スペシャのアイドルランキング感想

音楽専門チャンネルであるスペースシャワーの「アイドルランキングTOP10」11月21日AM2時から放送ぶんの衝動的な感想文。

新しく興味をもったアイドルユニットが出てきたり、中森明菜のNHK「SONGS」を見たりして急にアイドルソングを聴きたくなった流れで、深夜テンションを身に纏いつつ記事にしてみました。サラッと聴いて思いのまま書いているので好意的な文章ばかりではないです。まあアイドルに無知な残念な感性の戯言だと思っといてください。


10位 AKB48「希望的リフレイン」
作詞:秋元康
作曲・編曲:井上ヨシマサ


自らすすんで聴くことはないけど、なんだかんだ良質なポップスを立て続けに発表してるんですね。フォーチュンクッキー以降とそれ以前のAKBは別グループのような差を感じます。いっぺんアルバム聴いてみようかしら。


9位 腐男塾「BE HERO」
作詞:はなわ
作曲:はなわ・大智
編曲:成田 忍・大智


「サビ以外」がカッコいい。イントロからおっ!? と思ったけど、サビはそうでもない、無難なやつ。もう はなわ とは無関係なのかな?って思ってたけど、作詞作曲に関わっていてまだちゃんとプロデュース続いてるんですね。


8位 i☆Ris「ミラクル☆パラダイス」
作詞:桑谷実沙、森月キャス
作曲:桑谷実沙
編曲:渡辺徹


アニソンっぽいわいわいしたカラフルソング。みなみけのテーマみたいなノリ。楽しいけど、声優のパワフルな個性がないぶん、少し物足りなさがあります…と思ったら、メンバーは声優の活動もしてるのですね。曲自体は好きな方ですが、もっと特徴的でアニメアニメした声がよかったりします。


7位 HKT48「控えめI love you !」
作詞:秋元康
作曲:pakorama
編曲:野中“まさ”雄一


近作のAKBのような良メロPOP感はあるものの、パンチが薄くAKBほどのトップアイドルの貫禄がないせいか普通のアイドルソングかなって思いました。でもその素朴さがAKBと違った魅力になって中毒性を生みそうですが。


6位 アップアップガールズ(仮)「Beautiful Dreamer」
作詞作曲:小出祐介
編曲:PandaBoY


こういう路線の曲にしては歌声が全体的に弱いような。2番からのラップはちょっと苦手すぎるな…。アイドルのヘタウマな歌唱はいいのですが、エレクトロ・EDMやR&B/hiphopのカッチリしたトラックには相応の迫力のボーカルが乗っかるか、もっとゆるゆるにするかの二択だと思いました。個人的に昔からこういうのは苦手なほうですが、過去にアルバム試聴したらイイ感じの曲もあった気がするので、このグループは曲ごとの好みが激しいのかも。後ほど調べて知ったのですが、ベボベの小出祐介が提供した曲だったのですね。


5位 乃木坂46「何度目の青空か?」
作詞:秋元康
作曲:川浦正大
編曲:百石元


AKBよりも安定して古き良き正統派アイドルポップスを量産しているイメージの乃木坂46。やっぱり和む!派手すぎないカントリーな味付け。


4位 私立恵比寿中学「ハイタテキ!」
作詞:TAKUYA・MEG.ME
作曲:TAKUYA
編曲:TAKUYA・Keisuke Iizuka


なんか久々に聴いたら個々の歌声のキャラ立ちが強くなってるような。ももクロほどのメジャー感が無いままに、順調に存在感を増してる!ももクロの二番煎じみたいにはなってなさそうで安心です。どんなに売れてもB級チックなところは持ち続けてほしいですね。


3位 モーニング娘。'14「TIKI BUN」
作詞・作曲:つんく
編曲:大久保薫


モー娘。を聴くのはいつぶりだろうか…。今こんな感じなのね。良くも悪くも変わらないハロプロさがありますね。というか、つんく臭。やっぱ恋愛レボリューションとかのインパクトだったらな…。ハロプロも大半が苦手な方なので、その程度の感想です。ただ編曲は意外にもみなみけのOPなどを作曲してきた人なのですね。この人は「夢をかなえてドラえもん」編曲とかもしてるようで、この人が関わってるならこういうのにも少し興味は湧いてきました。そういや最近、バラエティ的に活躍できるアイドルがなかなか出てきませんね。初期モー娘。なんか一時期ほぼ全員バラエティ出まくってたような気がするのに。もっとバラエティ番組に色んなアイドルが出てきてほしいです。


2位 NMB48「らしくない」
作詞:秋元康
作曲:大西俊也
編曲:野中“まさ”雄一


AKB周りの派生グループは、乃木坂以外はどれも楽曲の個性が薄くていまいちピンときませんね…。間奏のギターの盛り上がり方とか、さっき別のAKB系の曲で似たようなの聴いたし。「らしくない」どころか凄く「らしい」曲ではあります。しかし驚いたのが、作曲者はex.WRONG SCALEで、解散後ivory7chordを結成した人でした…!


1位 Berryz工房「ロマンスを語って」
作詞・作曲:つんく
編曲:鈴木俊介


これはなかなか悪くないですね。祝祭的でちょっとレトロチック。ハロプロ系はどこか「くどさ」を感じてしまい、この曲も随所でそれが目立つのですが、それを差し引いてもイイ感じでした。今回が無期限活動停止前のラストシングル?なのですね。


以上!こういう「あまり詳しくない人が聴いたまま感想を書く」記事が好きなので、自分でもそういうのを色々増やしていきたいです。相変わらず需要はなさそうですがね!ではではアディオス。
わど | 音楽いろいろ | 11:00 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 11:00 | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS