<< スペシャのアイドルランキング感想 | top | 2014音楽ベスト総まとめ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

weekly pick up Oct-1 2014

Mariana in our Heads『The polaroid picture』


キラキラキラキラ眩しすぎる。ボーカルはふわふわしててヘナヘナな感じで。楽しそう。Homecomingsが話題になってる今、このバンドも流れにのってほしいです。幸せを撒き散らせ!!


Nohtenkigengo『Never』


着々と自主制作盤の発表を重ねてきたNohtenkigengoの、初の全国流通作品。シャムキャッツ、ミツメあたりと共鳴するローファイなインディーポップ。白昼夢サウンド。または疲れた耳へのお薬サウンド。いつまでもぼーっと聴いていたい。


died「リバーサイド」


タワレコで試聴してよかったもの1。1stフルアルバム『SCENE』からの曲。VELTPUNCHのメンバーもいるオルタナ・エモらへんのバンドです。このデビューアルバムがとても「ちょうど良い」作品!1stながら抜群の安定感。モーサムやlostage、toldあたりが好きな人はハマりそう。


天野月「鳥籠 in this cage」


タワレコで試聴してよかったもの2。鬼気迫る鋭さを秘めた歌声だけど、聴きやすいJ-POP。この歌手、こんなにイイ曲つくるのか!!2010年代って香りは全くしない。完全に2000年代。


POZO『ウィー・ビリーヴ・イン・ハッピー・エンディングス』


タワレコで試聴してよかったもの3。山口県のアヴァンダンス・ジャム・バンドのデビューアルバム。愉快痛快トロピカルかつダンサブルなミュージック。切なさも兼ね備えております。


EVERYONE DIES IN UTAH「The Story So Far」


テキサスのポストハードコアバンド。ヒットチャート映えする華やかさや勢いのあるノリです。清々しい。


矢野顕子×忌野清志郎「ひとつだけ」


映画「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー〜感度サイコー!!!」がテレビでやってて、このライブ映像で矢野顕子をはじめてちゃんと聴いた。涙腺が緩む。忌野清志郎はもういないけど、そういうことだからじゃないと思う。単に、名曲。


MANNERS「暗号」


今年解散してしまったフォーキーでサイケなバンド・埋火 の見汐麻衣が始めたソロプロジェクト。あだち麗三郎、ゆら帝や不失者の亀川などがレコーディングメンバーやライブサポートで参加しているだけあって、安心のクオリティといいますか。石原洋プロデュース、エンジニア中村宗一郎。この名前だけでこういう雰囲気の曲だと想像できそう。埋火と大きく違うのは、シティポップな軽さが備わっている。


Heccra『The Devil?-?Faces of My Old Friends, Beneath Me VCR Session (Unfinished)』


シカゴのエクスペリメンタルポストハードコアで、2015年10月リリース予定のアルバムの未完成なヴァージョンだそう。とっ散らかったようでまとまっている、メリハリの効いた展開のあるエネルギッシュな曲が面白い。過去の作品、ゲームソフト「バンジョーとカズーイ」をモチーフにした『Heccra?-?Kazooie』とかある!!なんてナイスセンス。


Alice's Camera「good night」


今年結成の音楽ユニット。メンバーの はと という方は“作曲について語るマモルさん”アカウントの中の人として大物オーラを醸し出していたり、ニコニコ動画で先生Pとしてボカロをつくったり、地下室TIMESに寄稿したりしている人らしい。繊細かつ精密な曲で、幅広い音楽性が潜んでいる感じ。


m1dy『NIN-PI-NIN』


SPEEDCORE…全く馴染みのないジャンルだから新鮮!たまに聴きたくなるようなやつだね。四六時中聴いてたら発狂しそうだけど。m1dyのこの後にリリースしたやつもチラっと聴いたら、そっちは更にイイ感じでした。ニッチなジャンルのわりに再生数そこそこあるな…と思ったら、15年以上前から活動している大御所レベルの方なのですね。海外でも活動する日本人で、この界隈ではかなり有名らしいです。


Brief Candles「Dawn Bomb Parties」


ググッても日本語の紹介ページにほとんどヒットしない、ウィスコンシン州の4人組。インディーなギターポップ・シューゲイザーで、とてつもなく自分好みな雰囲気!ほんとこういうのに限って話題になってないんだよな…。


blue marble「prince of modern」


純粋なPOPS…とは言い切れない、異質さを滲ませるポップユニットblue marble。マニアックな活動ばかりかと思いきや、「super star shooter」という曲が太鼓の達人に収録されているようで驚き。今年9月20日に初のライブを行い、PSY・Sのカバーを披露した模様。PSY・Sってこういうポップさあるのかな?名前しか知らないので聴いてみよう。


my letter『my letter』




京都のアートパンクバンド。JETSETでデモ作品をリリースしていて、それを試聴して以来、今か今かとアルバムのリリースを待ち望んでいました。JETSETといえば 沖に娘あり というバンドも知ることができたのですが、今年解散してしまったようで…。

沖に娘あり「DDD」




the coopeez「途中の人」


OTOTOYでダウンロードできるボロフェスタの無料コンピに収録されたこの曲を聴いて、興味再燃。ネズミハナビとか未完成VS新世界、おとぎ話みたいな人間味のある、少し捻くれたギターロック。the chef cooks meのようなハッピーなとこも少し含んでる。なによりグッドメロディ。


サコウリョーマ「S.O.S」


儚く美しい歌を鹿児島県在住22歳の宅録家。5月にTanukineiri Recordsから 『Magic Lantern _EP』をフリー配信してます。フォークトロニカといったジャンルになるのか。そういえば土井玄臣も次のリリースに向かって動き出したようで、楽しみでなりません。


Ulzzang Pistol『Girlfriend』


エレクトロポップミュージシャン、ウルザング・ピストルがタイトルどおりに(初音ミク含む)女性ボーカリストとコラボした作品。Kero Kero Bonito(Wikipediaがあるのにびっくり)のMCであるSarahも参加してます。フリーダウンロード可!女性ボーカリスト参加ではあるものの、本人もガンガン歌ってる。なかなかイイ声です。


George Maple「Talk Talk」


ロンドンを拠点に活動する女性シンガー。しんみりと脳に染み込むダンスミュージック。


OGRE YOU ASSHOLE「ムダがないって素晴らしい」


素晴らしい


きのこ帝国「クロノスタシス」


音楽性の変化により賛否両論なアルバムから、Fishmansや日本語ラップの影響を感じるこの曲。これを聴いたらさぞ面白いアルバムになるのだろうな…とワクワクしていた。実際なかなかのバリエーションの広さと強いポップさを身につけていて良かったし、それを踏まえた次の作品が楽しみ。


GOMES THE HITMAN「饒舌スタッカート」


こりゃ最高だな…!最初聴いたトキ 普通すぎる って感想をもったことが恥づかしくなるわ。散々多用してる表現だけど、ハッピーなのが好きなんです。わぁい。


ワニパーティズ『EARLY ACCESS』


パジャマパーティズのnatantとwaniwaveのコンビ。DJ6月のフリー作品に収録された「ランボルギーニ青田」もいい感じでした。適度なポップさと充分な熱量・知性のあるリリックで駆け抜けるスタイル。アルバムリリースするらしく、先行カットのようです。
色みはもう解散したチャッターシャッターっぽいなと少し思った。下の曲より「勝利の方程式 feat.にゃんこ先生」の方が近いかな。チープで派手なコテコテのトラックに怒涛のまくしたてるラップ。

チャッターシャッター「OVER THE BORDER」




スカート「すみか」


個人的に『ストーリー』が強烈なインパクトで、『ひみつ』で少し落ち着いたけど青いフレッシュさが減ってしまったなと感じてました。でも今回のアルバムを少し試聴してみると、これまでの集大成のような出来でした!近年のインディーな歌モノPOPSの代表って感じです。


THE NOVEMBERS「Romancé」


所謂ロキノンだとかの括りに収まらないスケールのギターロックバンドの会心のアルバムから。大胆かつ繊細!!大衆性のあるポップさとドロドロなマニアックさの絶妙なバランス。


遠藤賢司「夢よ叫べ 」


2011年に開催された世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!のライブ映像。
47年生まれのこの人とか、48年生まれのあがた森魚とか50年生まれの遠藤ミチロウや友川かずきとか…たまにライブ映像見ますけど生涯現役ですね。最近のニューアルバムとかもどれも新鮮に聴けるフレッシュな感じしますし。表現者ってこうじゃないとね、って迫力のパフォーマンスをギターと歌声だけで行う。最早、英雄として讃えられそうな凄み。


Georgie Fame「Peaceful」


こちらは43年生まれのイギリスのミュージシャン。この曲はKenny Rankinというニューヨークの黒人ジャズポップシンガーのカバーで、アン・サリーにもカバーされています。この雰囲気、落ち着くな…。なんかクリスマスシーズンにも合うね。


andymori「ハッピーエンド」


期待の星も、遠いお星様になってしまった。とうとう完全なる解散ですよ。そんな中、どんどんこのバンドの魅力に気づいてゆく私。無くなってから失うものの大きさに気づく、みたいな。でもハッピーエンドってね!なんか数年後に再結成しそうとも思ってたり。


ポケットビスケッツ「POWER」


ブラビ派ではあるものの、久々に聴いたらグッとくる。TVの企画ものとしては最強。再結成しないのー?フェスとか出たらTOKIO並みに盛り上がると思う。


10月はニコラップのdis騒動で、今まであまり印象に無かった そいほに という女性MCが気になりました。他の動画でも個性的なラップしてて、もっと活発に活動してほしい!
わど | weekly pick up | 15:15 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 15:15 | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS