<< 神の味噌汁現象 | top | 2015ベスト風景 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

インディーサウンドは生き続ける


凄い勢いで話題が消費されていき、もう出尽くした感すらあるジャパニーズインディーサウンド。特にアーバンなシャレオツシティポップなものなど、今までひっそり愛されてきたものが一気に溢れて台風の目となり旋風を巻き起こした…とまで言い切りたいのですが、それもまだ一部の音楽好き視点での話。ceroなどもまだまだ世間一般には浸透していないし、更にもうひと盛り上がりできたらなって思うんです。しかしなんだかんだ聴きやすいわりに好みを選ぶジャンルで、言ってしまえば結局マニアックなんだなーって聴くたびに実感。わかるやつだけわかればいいさ!とはいえ、テレビっ子だった身としては音楽番組に出たり上位チャートに食い込んだりするのは純粋に見てみたいんですよね。メジャーで活動し幅広く認知されてきているとはいえ、CzechoNoRepublicがオールナイトニッポンでピークだったなんて切なすぎるし、ingigo la Endはゲスのオマケじゃないし、Galileo Galileiだって貫禄を増して存在感を出していってほしいし。まあほとんど新品でCD買ってないしファンとまではいかないですが(注)途轍もない作品が出てくる得体の知れない期待はずっとあるんですよ。これらのバンドの話題が偏見なしに広くシェアされると、シンパシーを感じるバンドも目立ちやすいし、逆に反発するような音楽も生えるかなって。

…まあここまではなんてことのない、ただの理想ですが。V系やメロコア、日本語ラップほどのムーブメント(それも90年代半ば〜00年代の一時的なものですが)なんてもうどのジャンルも起こる気がしませんし、インディーロックの定義だって曖昧なもんですからね。ここまでインディーインディー言っておりますが、この系統の曲にハマりはじめてから長くはないですし、知識もないので雰囲気で受け取ってるだけですけど!自分がイイ!と思った雰囲気に共通するナニカを例える記号として、インディーってよく言われてるものが当て嵌まったので。

しかしなんでこんなに盛り上がりを望んでいるのか。それに対しては、(焦点の合わない目で)最ッッ高だから!!!って発狂するような空っぽなことしかできませんが…私はただ渋谷系が流行っていた頃の空気を、このような音楽が好きになった(なってしまった)いまの感覚で体感してみたいだけかもしれません。勿論、好きなものは売れてほしいし、ネットや情報メディアによく知ってるものが溢れるのは楽しいので。あと単純にいま流行ってるEDM自体がそこまで好きとは言えないものだったり。インディーミュージックに限ったことじゃありませんよ。サイケだってハードコアだって好きです。もう何がルーツなのかわからないくらい、ジャンル分けできない音楽まみれになったら素敵ですね。それによりストレートなものも際立つかな。

前置きが長くなりましたが、流行り廃りで消費される音楽サイクルの中、こういうサウンドはいつまでも鳴り止みませんよって感情を文字にしたくて。生き続ける、と題しましたが、まあそもそも生きる死ぬとかじゃないですね。話題にならなくなっても、変わらず良質なインディーミュージック(それに限らず、様々な音楽ジャンル)は聴かれるべき人のところに届く。これは理想じゃなくて、願望です。その願望を手助けする為に、こうやってひとりよがりで、自己満足で、身勝手なブログで記事を書いてます。とまあツィッターでよくある有象無象の戯言がだらだらとかさ増ししただけでアレですがこっからメインのいま聴かれてほしい音楽紹介!

ビーフ「ドリーミン京浜東北ライン」



ブギーバック以降のラップ的なパート+歌サビものは七尾旅人のローリンや曽我部恵一のサマーシンフォニー、トーフビーツ水星などなどありましたけど、この曲はそのパターンからどんどん自由に広がっていった果てで達した境地ような音世界。そしてsoundcloudなどから、なに食わぬ顔でひょっこりネットでアップされ世界に発信、といった2015年らしさのある空気を含む楽曲。しかし数年経ってもそう簡単には色褪せない強度がある。特に過剰な脚色もせずにパッケージされながら、現実を鮮やかに彩り、長閑な都会を体験できます。ep『Japanese Recorder』、忙しない世の中を円滑に生活するための必需品として。みんなで現実に夢を見ましょう。


Native Rapper「パーティーは続くよどこまでも」



現行の海外エレポップやJ-POPなどの強い部分を持ちながら、ちょっと懐かしさもある。出てくるべくして出てきたハイブリッドな宅録ミュージシャン。何気なく過ごす日々の中で、平熱な感情を高揚させるスイッチ。


Eunaly -ゆうなり-「My Dear」



21世紀の温もりに満ちた青く煌めく楽団。キュン死にしちゃう(死語?)。漢のキュン死に。パワーポップの甘酸っぱいサウンドと、日本らしいハートフルさが織り成すハーモニー。


Capeson「Walk Away」



邦インディーR&B界隈、期待の新星。若くして亡くなった、80年代〜90年代初頭を代表する某大物歌手の息子さんだと知って驚き。ここまでエモーショナルで個性的な歌唱は最近だとなかなか貴重な存在じゃ。


ハロルド「 [ Grapefruit ]」



神戸のシティポップバンド。下北系ギターロックとかロキノンジャパンとかで特集されてても違和感ないタイプながら、久々に個性的でパンチのあるサウンドをもったバンドだと思いました。門田匡陽っぽいセンスも感じるし!縛られない個性。カーネーションとかアナログフィッシュとか、そんな自由さがある。


Whisper Voice Riot「Daylight」



ホムカミの「HURTS」のようにダイナミックでノイジーな、スケールのでかいバンドサウンドの大阪の新星!日本の英詞インディーの魅力に溢れてて、1曲1曲が強烈。んでポップで聴きやすくて。美メロインディー!


Yüksen Buyers House『How would you feel?』



ドラマーはBatman winksにも在籍。日本の英詞インディーはこれ以上なく出揃いすぎてます。古くからの海外ロックミュージック、日本の渋谷系サウンドの影響がモロに出てる中、そのどれもがフレッシュ時代を問わず色褪せないものばかり。


SUPER VHS「Conservative」



1stアルバムリリースしたばかりの神奈川のバンド。ヘロヘロで非ネイティヴな発音の英詞インディーの極み!!ご機嫌に弾ける快楽ダンスロック。


ここら辺が近ごろ気になるインディー的な音楽でした。話題になってほしい反面、逆に話題にならないでほしくもあるという反発したキモチもあったりしますが、これらの音楽に対する色んな人の感想やレビューを見たり、情報を得やすい環境になったりしたいので。勿論、紹介欲という浅ましい欲望が第一ですが。笑

HOLIDAY! RECORDSのツィッターアカウント( @holiday_distro )が延々と紹介してるものは高打率でマイ興味センサーに引っかかりますね。もんでんフェスに行った際に大阪のFLAKE RECORDSで買った、SaToAや、24HOUR CONTROL、The Skateboard KidsのepにPOST MODERN TEAMのカセットも良かった。

The Skateboard Kids『Spiritus』




このバンドはPELICAN FANCLUBやBalloon at dawn、あとsleepy.abとかのようなポテンシャルを感じる。


(注): ceroのは祖母のお通夜でお寺に泊まることになった日に、どうしても欲しくなってお寺から徒歩で30分〜1時間くらいかけて行ったタワレコで買いました。夜中、お寺に隣接する施設のテレビでこういう系統の音楽にあまり興味ない50代の父親と特典のDVDを見ながら寝る、というなんかグッとくる思い出があります。父親からしたらどうでもいい映像と音楽なんだろうけど。笑
わど | オススメ紹介 | 05:51 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 05:51 | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS