<< 『子供はわかってあげない』田島列島 | top | シューゲイザーとかいう魔法みたいなジャンル >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

『炎炎ノ消防隊』1巻 大久保篤

『炎炎ノ消防隊』1巻 大久保篤

2015年から週刊少年マガジンで連載開始した、炎をコントロールする能力に目覚めた消防隊員たちのバトルファンタジー漫画。



近頃、王道バトルファンタジーモノに飢えていた。

ぐいぐいとテンポよく引っ張られて、どんどん先が見たくなるような。個性的なキャラが織り成す人間ドラマが展開され、ギャグ要素もあって、スッキリとした明るさの。漫画誌の顔にも成り得る作品。私は今まで、そういった漫画アニメにはあまり縁がなかった。ワンピースやドラゴンボール、ハガレンあたりはたまーにアニメ見たりしたくらいで、そこまで通ってこなかったしね。ラブコメ寄りなららんま・犬夜叉とか、ギャグなら世紀末リーダー伝たけし、銀魂は好きだけど。ハンターハンターや最遊記はちょっとドロドロしてるとこあるし。ゼロクロイツ読んでないけど、マテリアルパズルは好き。そんな感じだったんだけど、何年か前からそういう系統のやつで気になるのが増えてきた。七つの大罪、マギ、ヒーローズアカデミア、ワンパンマン…。どれもアニメ化しましたね。結局いまだに1話目くらいしか見ることができてない。興味はあるけど。

この『炎炎ノ消防隊』、マガジンの新たな顔になってほしいし、そんなポジションになるんじゃないだろうかって期待させる勢いのある漫画だと思います。そもそも作者が少年ガンガンの看板レベルだった『ソウルイーター』の大久保篤!『ソウルイーター』の連載が終わり、そのスピンオフで作風を変えてほのぼのと女子たちの成長を描いた『ソウルイーターノット』も完結させてどんな漫画を始めるのかと待ってたらまさかマガジンの場に移るとは。作者の初の連載作『B壱』も、いつか完全版を描いてほしいくらい好きです。そんな新連載が消防隊モノって知って、随分とファンタジー色が減ってしまったなーって思ったらなかなか今回もファンタジーな世界観。敵は一般人が突然に人体発火して暴走した姿である“焔(ほむら)ビト”という存在。味方の消防隊のパーティーも、新入隊員でヒーローに憧れるシンラ(主人公)、シンラの同期でありライバル関係で、プライド高そうだけど「すごいバカ」なアーサー、炎を制御する元軍人の女の子マキとクールメガネな火縄中隊長、祈りを捧げるシスターのアイリス、隙あらば何かしらトレーニングしてる桜備大隊長…となかなか濃いメンバー。この作者の生み出すキャラはいつも、個性のぶつかり稽古です。緊張すると笑ってしまう主人公、面白い設定ですよね。至る所で活かされてて、読んでてじわじわ効いてくる。

世界観は濃いけど、情報量もそこまで多くないし複雑な事はないです。テンポ良く笑えるところや癒しのほのぼのポイントが挟まれててコミカルに話が進んでいく。王道バトルファンタジーとしたら、笑える箇所が多い方なのではないでしょうか。まあ他のこういう漫画はあまり読んでないのですが…。1巻を読む限り、スタートダッシュは好調ですね。さぁ、こっからどんどん面白くなってくるぞ!!って具合に。恋愛要素はあるのかな?主人公のいる消防隊にはマキとシスターがいて、1巻ラストには別の部隊のタマキが登場。『ソウルイーター』では主人公が最初っから男女パートナーだったけど、この作品はヒロインとして確立したキャラが出てくるのだろうか。

それにしてもボボボーボボーボボを堂々と名前出しちゃうのがスゴいですね。賛否両論ありそうですが、かなり印象に残るシーンではないでしょうか。ああいうノリはとってもこの作者らしくてイイです。しかも巻末の後書き漫画でも、ジャンプの名前出してるし。ジャンプでの連載に挑戦してほしくもあるけど、まずはこの作品でマガジン読者に名を轟かせてほしいですね。



わど | 漫画 | 17:30 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 17:30 | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS