<< ちょっとエッチな御百度参り | top | ショート駄文 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

リスナーとしてのスタンスに思うことと最近購入したエトセトラ

面白さに潔癖である必要はないなとつくづく実感する。無粋な自己満足でヒトを傷をつけるのは当然よろしくないけれど、ごく個人的な趣味だとしても各々の判断には相応の責任が伴い、痛みは循環する。
動画サイトで音楽を聴き漁ったり、CDレンタルやApple Musicみたいなサービスで満足して音源を購入出来なかったりする日々が続いて慣れていき、それに対する違和感も薄れてゆく時代になってしまった時点でどうにもならない必然性を感じるし、警鐘を鳴らしている者たちはこの流れを危惧したかなり最初の段階でもう手遅れで、他のリスナーの思想やインターネットそのものなどの多くの存在が罪になってしまう。かつては「働けるようになったら今までブログで延々とレビュー眺めたり、動画サイトで我慢していた音楽たちを新品で買い漁って集めてやるんだ!」とフラストレーションを溜めていたわけだけど、中古ですら揃えるのも困難で日々増えるばかり。どうしても欲しいものを厳選してもまだ追いつかずに増えてゆく。アレコレ好きになった今の感性でも、ほんとうに素晴らしい作品は意外と少ないことにも気づいたけど。

多くの音楽の出会いは動画サイトや好き勝手書き散らかしてる素人のブログだったし、そうやって音楽を聴き広げて育ってきて今へ至るからもとよりこういう仕組みは大いに肯定するんだけど、好きだ!と言っておきながら製作者に碌な利益を与えられなかったりするのは負い目を感じてそれに対しての文章表現とか、振る舞いが制限されるわけで。でも、なんだかそういうモヤモヤに敏感なのも色々と勿体ないなってなりましたね。自分勝手って言葉だとマイナスが強いんだけど、ここは流石に自分勝手で問題ないなと。音楽は…というかだいたいの趣味は自由で解放的であることに魅力があるから。

極端な話、隣の部屋から壁越しに聴こえた名前も知らない音楽に惚れても、ファンを名乗ったってイイと思う。その演奏者や他のファンの考えがどうこう悩む必要ナシに。自分がミュージシャンだったらそれだけでもめっちゃ嬉しい。

歌詞の解釈や、作り手の意図する聴き方とかに沿わなくても、もっと自分の好きなミュージシャンの器を信じたり製作者の手からリスナーの耳へと離れた楽曲単体の魅力のパワーに傾倒してもいいよなと改めて思う。同じ曲を聴いても、作り手にも分かり得ない自分しか知らない良さをみんなそれぞれ受け取るし。一方でミュージシャンも好き勝手やってて、良くも悪くも期待を裏切る。勿論、好きなミュージシャンの新譜は余裕さえあれば買えるだけ買ってるし、Apple Musicで良かったものもいずれちゃんと買う予定ではある。CDなどの再生媒体がある限りその意識は怠らない。

たまーにひとりで勝手に雁字搦めになってしまうことがあるので、音楽や音楽に携わる人々に対する考えを整理するべく文章にしてみた。


因みに、最近購入したのはこんな音楽たち。SAPPYや宇宙ネコ子のような、ドリームポップ、ちょいシューゲイザーを基調として多様性に富んだ目が眩んでしまうほどキラキラしたギターポップにガツンとやられます。あと最近はほんとカーネーションばっか聴いてる。Apple Musicで過去作聴き漁ったり、トッドラングレンも聴いたり。

SAPPY『SUMMER ESCAPE』



CARNATION『Multimodal Sentiment』



宇宙ネコ子『日々のあわ』



片想い『QUIERO V.I.P.』



S.P.C.『Since Then After 13 Years』




そうそう、11月2日にはthrowcurve、The Future Ratioなどの中村遼なども参加してるラブリーサマーちゃんのメジャーデビューフルアルバムがリリースされますね。初回限定盤を確実に購入します!彼女のルーツには七尾旅人やpegmapなどの私も大好きな音楽が幾つかあって、作品にもその要素が滲み出てきているのが素敵です。Tomgggなどとも繋がりがあり、どうだコレが2016年の音楽だ!と叫んでるようなフレッシュな勢いが活き活きとしたムードに満ち溢れています。




そして12月2日には、そのラブリーサマーちゃんも一時期ボーカルとして参加していたFor Tracy Hydeのデビュー作にしてフルアルバム『Film Bleu』がリリース!!!



今年イチバン楽しみにして待ってた。2016年はこのことばっかり考えてた年でした。吐き出しようのない鬱ぎ込んだネガティヴな感情をひっくり返すほどの、必殺の潔白なミュージック。純度の高い大いなる正義。単なる綺麗ごとじゃない。自分本来の芯を研ぎ澄ますドラッグのようなエンターテイメント。

更にリリースは未定?だけど門田匡陽、初期七尾旅人、谷山浩子、throwcurveなどから影響を受けた宅録SSW、TekeTekeのアルバム制作も行われてるようです。アルバム作る気配が無かったのでサプライズすぎて驚きました。TekeTekeことてけのりさんとは去年の門田匡陽のライブイベントでお会いした際に、てけのりさん達の前でアートスクールのパクりバンドとしてTenkiame(For Tracy Hydeの中心人物、夏botさんの別バンドで5月に解散)をオススメしたりラブリーサマーちゃんの話をチラっとしたりしたのですが、夏botさんと関わりのあるネットレーベル「きいろれこーず」の主催の人がこの前てけのりさんとツィッターで繋がって、夏botさんがDJするイベントをRTしたりしてるのがなんか感慨深いものを勝手に感じてました。世間狭いなと。この組み合わせが急激に身近になるなんて思わなんだ…。



他にアルバムリリースを懇願していたものと言えば、ex.昆虫キッズの高橋翔のバンドELMERもアルバムが完成したようなのでもうそすぐリリース発表されそうです。エピソードの初作品も滅茶苦茶に待ち遠しかったのですが、もうちょいしたらシングルだかepだかが発表だったかな。エピソードはex.スクイズメンのフロントマン井上敦の新しいバンドプロジェクトです。Good Dog Happy Menのように、早すぎた存在でした。未来を行き過ぎたインディーロック。



The World Will Tear Us Apartもスローペースながら着実に制作は進行してるっぽい。11月23日にはThe Skateboard Kidsの初の全国流通作品がリリースされます。THE NOVEMBERSやGalileo Galilei以降のあらゆる可能性を秘めたインディーロックとして期待が大きい。


日本語ラップだと、ニコニコ動画発のMC野崎りこんも術の穴からアルバムリリース予定。OMSBと共に制作していた筈なので予想外でした。ZIGHTもそろそろ発表されるんじゃないかとは思うんですけどね…気長に待とう。降神はなんかもうノーコメント。

あ、あとBURGER NUDSはレコーディング終わったんだっけ。Poet-type.Mの応募券のやつはどうなったんだろう…。
わど | 音楽いろいろ | 11:00 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 11:00 | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS