スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

weekly pick up Jun-2 2014


今月の21日にBURGER NUDSの復活ライブをしたばかりの門田匡陽が、その前にサンクラにPoet-type.Mの新曲をアップした。
BURGER NUDSのライブで披露された新曲の歌詞もだけど、ここにきて刺々しくキレのある表現で、これからの活動に期待が膨らむ。Poet-type.Mの前作アルバムの大半の曲のような、穏やかで柔らかな側面ばかりじゃないですね。彼は常に様々な音楽(主に洋楽)を積極的に摂取してそうなので、引き出しの多さと挑戦的な曲づくりにBURGER NUDSも、Poet-type.Mとしても安泰ですな。
次のリリースが心底楽しみー。
Poet-type.M「窮屈,退屈,卑屈(A halo)」



活動再開といえば、Syrup16g五十嵐のこれからに期待していいそうですね。
倉島大輔達にもセツナブルースターを再始動させてほしいけれど、まだそのタイミングではないのかな。色んな問題が多いとは思うけども、いつか復活するのを待っている。

セツナブルースター 「涙の成分について」





急に人間椅子、奇形児、外道といった 名前の雰囲気に”和”を感じるような、重たいサウンドの硬派なバンドが聴きたくなって動画サイトにて検索。
外道はちょっと違いましたけどね。純粋に格好イイ元祖ジャパニーズパンクって感じ。

外道「ビュンビュン」




外道「ハイヒ?スカス・レテ?ィー」




ロックでしかねえ!!ロックじゃないところが見当たらない!!!最高。

ZAZEN BOYSと人間椅子が対バンしてたしそれぞれのボーカルがまた一緒のライブで出るみたいだけど、奇形児の方が人間椅子よりもZAZENっぽい気がした。
歌詞の生々しさに圧巻のボーカル。オルタナティブに剥き出しまくり。でも思ったより聴きやすいな。

奇形児 「ヘレンケラーの憂鬱」




最近ハードコアやメタルを色々聴くのが面白くて、そういう気分になるたびに、前にTSUTAYAのレンタル落ちで安売りしてたKularaのアルバムを買っておけばよかったと後悔している。
まあ普通に買うつもりだけど!!

Kulara 「Brown Knife」




Twitterで知ったbluebeardもイイね。のちのAs Meiasのメンバーがやってたらしい。ちょいBURGER NUDSっぽさもある。

Bluebeard 「Room 501」




saisaという日本のポストロック/シューゲイザーバンドが素晴らしい!!このトレーラーを一聴して、一気に興味が溢れた。こんなバンドが全く話題にならないなんて!!

saisa - nothing but naked vanity LP trailer



儚く繊細で退廃的な音。それでいて壮大。桃源郷をお散歩するようなトリップ感を味わえる。



モーモールルギャバンの新曲が決定的なキャッチーさで、中毒性がある。
今月25日リリースの新作ミニアルバムからのリード曲。

モーモールルギャバン「ハイヒールブルース」





南波志帆、Dr.Usui、フレネシ、岸田メル、Julie Wataiといった五人組、xxx of WONDERのPVから近年のサブカル寄りなポップスの総決算だなと感じた。
90年代〜現在のボカロ、アニソン、アイドルといったものの集合体というか、インディーもメジャーもごった煮にした耳障りのよい渾身の直球。
Shiggy Jr.のような、ある種の象徴性をもつほど話題になればいいな、と思ったけど…ミニアルバムを試聴したらまだそこまで盛り上がるほどではないのかな?とも。このPVの曲がメインであとはカップリングらしい感じ。シングルっぽい。フレネシのボーカルももっと全面に出てきてほしいな。まあもっと自由で開けた曲ばかりではと、期待しすぎてしまっただけですが!是非、色んな方々の感想をきいてみたいです。

xxx of WONDER「明晰夢マドンナ」




石崎ひゅーいの新曲もイイな。お手本のような疾走感のあるギターロックサウンドに、歌詞もボーカルも意欲的な表現の主張がせめぎ合っていてる。今風のJ-POPの王道をいきながら、個性のアピールが強い!ハーモニカが出てくるのは笑いそうになるw
何週か回って新鮮。

石崎ひゅーい「ピーナッツバター」




京都のバンド、chouchou merged syrups.

chouchou merged syrups.「ヒエログリフと遊ぶ」



残響レコードらしい変拍子+歌モノロック。カオティックハードコアとか聴いてると、こういうのも耳に留まる。
そのせいか、残響レコード自体の好感度が急上昇!People In The Boxとかは元々好きだけどね。


TK from 凛として時雨 「unravel(fragment)」



変拍子といえばこの人。アニメ、東京喰種のOPテーマの新曲!このアニメのEDがピープルだそうで。ないすちょいす!


Ykiki Beatの新曲がクールでロックロックしてる。
東京のバンドだけど、完全に洋楽の空気。



ayU tokiO 1st mini album『恋する団地』Trailer




そして待望のayU tokiOの日本語ポップス集。これ間違いなく名作でしょ。もっとチープなアレンジ、質感になると思ってた。名作でしょ。

解散した札幌のギターロックバンドユーテロに帰るは、うじゃうじゃいる似たような若手バンドの中でも抜きん出たオーラがあると思う。
いつか再結成しないかな。去年の閃光ライオットで優勝していれば、米騒動のように活動は続けていったのだろうか。

白い息/ユーテロに帰る fullver.




グミ/素晴らしい世界【MV】



ただ、ボーカルが現在やってるグミを聴いたら、もうユーテロに帰るのような曲を歌うモードには中々戻れないのかもしれない。今はこういうのがやりたいのね。これはこれでイイけど。

iPhoneのMercuryというブラウザアプリを開いて操作すると、唐突に

Homecomings 「I Want You Back」



の数十秒の試聴用音源?がループするという謎のシャレオツなバグに見舞われて軽く困っていた。何日も続き、この前やっと治まった!消したタブにここのリンクがあってどうのこうの…みたいな理由だったのかな。嫌いな曲だったら地獄だったな。この曲だからよかったけども。


銀杏BOYZ 「ぽあだむ」


フリッパーズギターをイメージして生み出されたこの曲を聴きながら、「空が灰色だから」の「こんなにたくさんの話したいことがある」って話を読んでいたら、めっちゃキラキラした。狂気…いや凶器だよ、このキラキラは!


The Kinks 「Better Things」


再結成するらしいキンクスを初めてマトモに聴いてみる。81年の曲なのかこれ。もっとやんちゃな荒くれガレージロックなバンドだと勝手にイメージしてました。爽やかで歌心あってかなり良い!


最後に、日本語ラップの新譜で気になるのをふたつ。

BASI 「果てない」


韻シストのMCのソロ4作目。今作はDesignでの相方でもある、Small Circle Of Friendsの東里起が全面プロデュースらしい。滑らかに流れる心地いいラップは、味わえば味わうほど暖かい温もりに包まれて素敵。

#894midicronica Album Trailer


こちらはキレキレな894のソロ3作目。ソロではイチバン華やかでバリエーション豊かなアルバムっぽいですね。スキルフルなバイブスに、目まぐるしく変わる景色。遊園地でアトラクションを乗り継ぐ気分になれそう。
わど | weekly pick up | 16:22 | comments(0) | - | - |

weekly pick up Jun-1 2014


元ostooandellのボーカルyukaDの新曲にイントロから耳をもっていかれた。

http://yukad.tumblr.com/post/87670599463/by-yukad

「日帰りでいい」という、LIVE会場限定?の4曲入りのCDRからの新曲。
ostooandellにはあまり引っかからなかったんだけど、ソロからの曲が良く思えてきたのでまたちゃんと聴いてみたいです。
アーバンでオシャレな感じが、なんでか初期m-floを彷彿。「been so long」みたいな。全然違う曲ではあるケド。

m-floといえば、「Lies」という曲がすごく好きです。

「Lies(Original)」は三人組時代のラストシングル「Yours only./Lies」の初回限定盤のみにしか収録されていないですが、下手したらm-floの全楽曲の中でイチバン好きかも。

こちらはVERBALのラップが多めでかなりヒップホップにアレンジされた「Lies (Giant Swing Mix)」です。全然雰囲気違いますが、こっちはこっちでイケる。


吉田ヨウヘイgroupの新曲を聴き、ニューアルバムの期待が増してゆく。

吉田ヨウヘイgroup 「ブールヴァード」



ceroや片想いのような朗らかで華やいだ音色のグッドミュージックは、なんてことない日常に鮮やかな彩りを添えてくれますね。


無料配布されたFor Tracy Hydeのepも素敵!!「First Regrets」が収録された作品が最高じゃないわけないのです。
近ごろ様々なバンドが賑わうインディーロック/ポップの勢いとは切り離しても、単純にメロのキャッチーさが圧倒的にいいね。そこにラブリーサマーちゃんのボーカル…なんて贅沢。





BUGY CRAXONEの新曲もいいなー。
テレビで「チーズバーガーズ・ダイアリー」のLIVE映像を見て、その曲の印象が焼き付いてから、前2作のアルバムの良い評判や、チバユウスケとコラボした曲を聴いたりしてそろそろアルバム買わないとって思ってたけど、今作もかなり良さげですね〜。

BUGY CRAXONE「チーズバーガーズ・ダイアリー」



BUGY CRAXONE「なんとなく Be happy」




The Birthday「COME TOGETHER」、最高傑作ってのに納得の感じだったな…。これも欲しいです。

The Birthday 「COME TOGETHER」アルバムダイジェスト




ハルカトミユキの新譜もオルタナティブでカッコよかった。
BURGER NUDSやTHE NOVEMBERSのような緊迫感、人間の温もりと冷たさを両方受けとれるサウンド。

ハルカトミユキ 「その日がきたら」



メジャーデビューミニアルバム「WHAT A WONDERFUL WORLD」をリリースしたばかりのThe Cheserasera もシンプルな若手ギターロックバンドの中では特に期待できそうな雰囲気。

The Cheserasera「月と太陽の日々」



shepherd、aquarifa、ジョゼとかここら辺はどれも魅力があってこれからが気になるバンドばかりです。
shepherdは それでも世界が続くなら の全身バンド、ドイツオレンジのような儚い繊細さと、Good Dog Happy Menのような安らぎのある暖かさを持ち合わせている。
shepherd「Mirror」



aquarifaは、こういう疾走感のある若手オルタナギターロックバンドで女性ボーカルを擁する中ではトップクラスのセンスだと思う。

aquarifa 「switch」



気になりだしてから、好きになるのに時間がかかったのが ジョゼ。
聴けば聴くほどハマる。

ジョゼ「(ex.)傍観者」




カフカの3rdアルバム「fantasy」
があっさりとした中毒性があって、定期的に聴きたくなる。
「song of coffee cup」のサビほんと心地よい!バンプやバーガー、シロップっぽい上に、それらのバンドほどの突出した個性はないかもしれないですが、それが逆に個性になってるいい例。

カフカ 「シリウスと老人」



カフカ 「Snow white is dead」



以前から気になっていたアニメ「たまこマーケット」のOPも素晴らしい。
京アニ作品は「日常」をやるまでハマることはなかったのだけど、最近は内容にも音楽にも癒される雰囲気のアニメが多いのかな。

北白川たまこ(洲崎綾)「ドラマチックマーケットライド」



ピョンと立ってたよ♪の部分に門田匡陽っぽさを感じてしまう。



最後に。

COLOR 「FIND YOU」



初期COLOR、Full Of Harmonyと並んで、最強のR&Bグループだと思うんですよ。
EXILEなんてやってないでこっちやれよATSUSHI!!ってほどこの頃のCOLORは好きでしたね…。
YORKもこの中にいるとかなり目立っててイイですね。最近のソロでこの曲、セルフカバーしたんだったかな。聴いてみたい。
わど | weekly pick up | 13:30 | comments(0) | - | - |

weekly pick up May-3 2014



THE NOVEMBERSが期間限定でフリー配信したニューシングルのタイトル曲「今日も生きたね」が純粋にいい曲…。しみじみと音楽を聴くという行為に浸れる曲。このバンドどんどん好きになっていってる。CDはまだ「GIFT」しか持ってないので集めんと!

THE NOVEMBERS 「今日も生きたね」




限りなく透明な果実が去年出した3rdデモepを聴いてて、やはりこのバンドはとんでもなく期待できるバンドだと確信。動画サイトなどの試聴できるサイトで聴いた、このep以前の曲の音源よりもボーカルや演奏がエモーショナルな印象で、早くも貫禄がついてきたような気さえした。
すっかりこのバンドに夢中になってきてしまって、2012年リリースのディスクユニオンでのみ通販で購入できたミニアルバムを、在庫なし との表記はあったものの注文してみる。しかしもう完全に売り切れてしまっていた…。


昆虫キッズの新譜が出るタイミングで、やっとParadiseの良さがわかってきた。
一度好きになってくるともう魅力しか感じないな…。
ローファイでポップで、とても歪なんだけど、それが心地よくってしょーがない。

Paradise「alcohol pIlls' music」




スコットランドのBe Like Pabloってパワーポップバンドの「The New Adventures」を購入しました。
サンクラでこれのダイジェストを聴いて完全にヤられてしまったので、もうすぐさま欲しくなってしまった!
自分の中の理想のパワーポップに近いかもしれない。こういうのを求めてた!
Weezerに大きく影響を受けているようだけど、Weezerにはあまり興味もてないでいるんですよね。
このバンドは特に初期のWeezerっぽいらしいので、いずれ聴いてみたいと思うようにはなった。



BE LIKE PABLO 「WITHOUT THE PAIN FEAT. KUDA」




Alpaca Sportsも最高じゃないか。スウェーデンのインディーポップバンドで、名前からしてもう愛おしいぜ!!ここまで澄み切った音像をつくりだすバンドがいるなんて…なんかもうトキメキしか感じない!

Alpaca Sports「Just for fun」




YouTubeで知ったcafaってアーティストの曲がなかなか良かったよ。菊島春信って人のソロプロジェクトらしい。2003年にアルバムが一枚出てて、湯川潮音などが参加してるようですね。
エレクトロニカやアンビエント風味なサウンドに落ち着きのあるボーカル。
全く話題になった感じがしないのが残念ですが…。

cafa「quiet room」



cafa「last poet」




詳細不明、printclubという日本の?アーティストが気になる。
Twitterで知って、vaporwaveの類いだろうなーって聴いてみたら、思いの外ロックなアプローチでカッコよかった!

printclub「saturday lights」




恵比中、アプガ、ナノ、相沢舞といったアイドルや声優などの楽曲を制作しているトラックメーカーfu_mouが2011年にネットレーベルALTEMA Recordsからフリーでリリースされた「Green Night Parade」がとっても良い作品!!星のカービィの曲が元ネタのタイトルトラックが、カービィの曲のアレンジとしては理想のカタチに近い。
もっとこういうの聴いてみたいな。カービィ関連の曲の情報がまとまってるところないかしら。

fu_mou「Green Night Parade」



ダウンロードはこちらから。↓
http://www.altemarecords.jp/Green_Night_Parade/
わど | weekly pick up | 12:11 | comments(0) | - | - |

weekly pick up May-2 2014


ラップグループ電波少女からFUNKY髭HANKが脱退ですか…。順調な活動が続いてきてた矢先にですよ。大変びっくりです。新メンバー入れるのかな…。個人的にはEscar5ot、コカツテスタロッサだったら今までの曲の髭さんパート埋めても違和感なく、ハシシとの相性良さそう。





この新曲、音源化されないまま終わってほしくないですね。


嬉しい知らせとしては、YUKIのアルバム発表がありました!やっと「坂道のメロディ」が収録したアルバムが聴けるぞ。


さて、ウィークリーペケラッチョなコーナーその2。

Pete Townshend「Let My Love Open The Door」



ピート・タウンゼンド。ビートルズ、ローリング・ストーンズと共に英国の三大ロックバンドと称されるThe Whoのギタリスト。超がつく大御所さんですよ。自分が洋楽聴かない頃から聴いたコトあるようなってくらい有名な曲ですよね、コレ。コンパクトにPOPでいいですね。

洋楽は他にYouTubeの関連動画巡りで聴いた77年結成のポストパンクバンドThe Raincoatsや、門田匡陽が「新譜の中で一番良かったな。こういう曲1000曲くらい聴いたけど。グッとくる」とつぶやいていたThe Pains Of Being Pure At Heartなんかが気になりました。
The Raincoats「Running Away」



The Pains Of Being Pure At Heart: 'Kelly,' Live At Gigstock In The Greene Space




坂本慎太郎「まともがわからない」



ニューアルバムが出るex. ゆらゆら帝国の坂本慎太郎の2013年1月リリースのシングル曲。今回出るアルバムには未収録。ドラマ「まほろ駅前番外地」のED。ナイーブな歌詞を楽し気に歌い上げている。ポジティビティ!!




Especia「No1 Sweeper」



vaporwaveに接近したディスコなラグジュアリーサウンドの曲を連発するアイドルグループEspeciaの今月28日リリース予定の1stアルバムからの曲。
これぞキラーチューン。



GLIM SPANKY「焦燥」



2009年の閃光ライオット第二回ファイナリストで、その当時からの曲。
来月11日リリースの1stミニアルバムのタイトル曲でもあり、当時より華々しい仕上がりに。
ボーカルの松尾レミの歌声の破壊力。チバユウスケの女性のフォロワーですな。何を歌ってもブルースのフレーバーが溢れそう。
最近の強烈インパクトの女性ボーカルでいうと、大森靖子も凄まじいですよね。ライブ動画見てると感情が乱れてしまいます。



NUMBER GIRL「透明少女」



恐ろしいほどの若手バンドが影響を受けているであろうバンドNUMBER GIRL。そのナンバガのメジャーデビュー以降のアルバムのデイヴ・フリッドマンによるリマスター(+ライブ音源)盤が出ます。
久々に聴いたらやっぱり最高すぎて、今回のリマスター盤欲しくなった。
ライブバンドっていっても曲そのものが良いもんな。
「SCHOOL GIRL BYE BYE」も出てほしいな。権利関係とかで難しいのか。


ラブリーサマーちゃんと芳川よしの「Moonlight」



前回はFor Tracy Hydeの話題に続き、今回もラブリーサマーちゃん関連を。過去によしPとしてボカロPの活動経験もあるトラックメーカー 芳川よしの と組んだフリーダウンロードEPからの曲。
http://maltinerecords.cs8.biz/130.html
↑こちらからダウンロードできます。
今宵〜つきがーきれーいーで〜すね〜?の部分に呪われた。

別記事にも書いた、きゃりーぱみゅぱみゅ「ファミリーパーティー」もほんっっと良い曲!
好きなアニメやゲームの曲って、作品の雰囲気に合わせてたりするのも多くて、苦手なタイプの人の曲ですらも良く聴こえてしまうの結構あるよね。

ドイツオレンジ「シルバーストーリー」plenty「this」、近そうでいて、対にもなるような音のアプローチのアルバム2作が素晴らしい。それぞれ違った繊細さと青さがある。この段階のplentyはかなり洗練されてきたけれど。ドイオレは1stにて抜群のメロセンスが炸裂してる。歌詞もこの頃からギラギラしてるし。

plenty「プレイヤー」



COMEBACK MY DAUGHTERSの2ndAL「A PARADE OF HORSES」もとても朗らかで優しくって、どんな気分でもイケてしまう。

「Waiting for a Ghost」



「How Long Should I Stay Here?」



The Zombiesの67年リリース「Odessey & Oracle」、文句のつけようのない名盤ですね…。「Time Of The Season」(邦題「ふたりのシーズン」)はTVとかでよく耳にする超有名曲ですよね。洋楽疎いんで、このCD買って聴いてからこのバンドなのか!って知りました。






わど | weekly pick up | 20:26 | comments(0) | - | - |

weekly pick up May-1 2014

これから毎週、気になったものやハマった曲・ミュージシャンを定期的に羅列していこうと思います。

The Birthday「くそったれの世界」



NHKのMUSIC JAPANに出てるチバユウスケを見てビックリ。顔が急激に老けてないか…?ちょっと前までの印象だと、年相応、寧ろ若いくらいだと思ってたのに。年齢以上に歳食ってみえた。
それはそうと、相変わらずの貫禄のボーカルに、ど直球ロックな世界。それでいてキャッチーなんだから最高です。うん、I LOVE YOUは最強。

Rhythmic Toy World「波紋シント?ローム」



これぞ邦ギターロック。どんどん加速していってKANA-BOONやクリープハイプなどの勢いに追いつき、追い越すくらいの活躍を望んでいます。今回の新曲、サビのエモーショナルな開放感がワンオクっぽいかも。tacicaの「人鳥哀歌」もアタマをよぎりました。
ただ、「最近のバンドは似たようなのばっか」とか「どれも同じに聴こえる」みたいなのってありますよね。この曲なんか聴いてたら、そういう意見の蔓延してる状況はしょうがないなって思います。
でも、時代性ってのがあるからいいんじゃないでしょうか。最近はこういうのが流行りの一部ってことでね。
今や、多種多様なものの中で自分に合った音楽を探す時代で、探せば色んなバンドがありますし、好きならそのバンドならではの魅力が感覚的にもわかる筈です。「みんな違って、みんないい」ってやつですね。


LEGO BIG MORL「RAINBOW」



このバンド、あんまりちゃんと聴いてきてなかったのですが…晴れやかで憂いも含まれてていい塩梅の新曲ですね。


ガセネタ「雨上がりのバラード」



痛快。いやー敵わないなこれは。1977年から79年まで活動していた知る人ぞ知るアングラバンドの数少ない持ち曲のひとつ。こんな昔からこんなギラギラしたものが日本にあったらしいですよ。結構たくさん、ね。


そしてそのガセネタと交流のあった工藤冬里の「今夜はブギー・バック」の、なんじゃこりゃカバー。




なんだこれ!!verseの一行目からオカシイぞ!!!
いやしかし実にエキゾチックなジャパン歌謡ですな。グロムーディPOPSといいますか。加藤ミリヤにはこっちのリリックでカバーしてもらいたいです。

PELICAN FANCLUB
「heavens or poolland」


前の記事に載せたばかりのpelican fanclubがsoundcloudに「heavens or poolland」の音源をアップしました。初期andymoriのような言葉詰め込み歌唱からの裏声の落差。なんて浮遊感に満ちているんだ。曲の最後の方はまさに天国に舞い上がるよう。




最後に、期待の新星女性SSWであるラブリーサマーちゃんが新ボーカルになったインディーポップバンドFor Tracy Hydeのリリース予定のEPのクロスフェードデモ。「Galileo Galilei meets やくしまるえつこ」って表現には収まりそうもなくてワクワクしてます。アルバムが待ち遠しい。

For Tracy Hyde
"In Fear Of Love" EP Crossfade Demo



わど | weekly pick up | 09:15 | comments(0) | - | - |
2/2PAGES | << |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS